ちはるの自由帳

好きなことを、好きなように

アウトサイダーズ 大自然を旅して生きる

どうもこんにちは、ちはるです。

先日、本屋を練り歩いていたところ素敵な本に出会って衝動買いしてしまいました。
で、今回はその本について、ちょこっと書いてみようかなぁ、と。

僕が衝動買いしてしまった本はこちら↓↓↓↓

 

GESTALTEN、ジェフリー・ボウマン 編

日常の安らぎや気分転換を大自然に求める「アウトサイダー」のためのビジュアル・ガイド。アウトドアシーンに欠かせないブランドやアイテム、旅して生きる人々のライフスタイルを、ダイナミックな写真とともに紹介する。

発売日:2018年12月刊行
仕様:B5変型 上製 総272頁
定価:本体2,900円(税別)
ISBN:978-4-7661-3213-7
分類コード:C0076

(引用元:グラフィック社

こちらの本は、ドイツのベルリンに存在するgestaltenという出版社から出されている本です。

内容は、本書に

世界のアウトドアフィールドを牽引する様々なブランドやアイテム、アウトドアを愛する人々のスタイルを紹介。

とあるように、世界中で大自然を旅して生きている人々や、彼らを中心として広がる大自然、またアウトドアアイテムについて美麗な写真とインタビュー等を交えて構成されています。

本書で紹介されるアウトドアのカテゴリは

ハイキングサーフィン/自転車/バイク/スキー、スノーボード/カヌー、カヤック

の6種類です。

 

魅力① 美しい写真の数々

先ほどもお伝えしましたが、本書のメインとなる要素は各アウトドアシーンで見ることができる風景や、そこで活躍する人々の様子をおさめた写真です。

普段なかなか自然へ繰り出す機会は少ないものだと思いますが、本書を開けば、たったそれだけで臨場感溢れる自然の姿が目の前に広がります。

無数に掲載された写真がどの様な物なのか言葉でお伝えするのは難しいのですが、非常に端的に言うのであれば、

パソコンに買った時から入ってる風景写真みたいな感じ

です!(←言い方)

でも、パソコンに買った時から入ってる風景写真って、どれも凄く綺麗で「こんな場所に行きたいな~」ってなりませんか?なりますよね?

それが総272ページに渡って続くんです。普通に凄いでしょ?僕は凄いと思う。こんな記事を書くくらいには!

 

魅力② 旅人たちへのインタビュー

本書はその副題のとおり、大自然を旅して生きている人々にフォーカスを絞った書籍でもあります。

どの人も非常にユニークな方々ばかり。

  • タイヤ付きの家(車!)に乗って家族で様々な国を旅しつつ生活する人
  • 人類史上初めて、1年のうちに北極点と南極点に徒歩で到達した探検家
  • 自転車で世界中を旅してまわる哲学と認知科学の教授

といった方々が登場します。

いや、どう考えたって面白いでしょ。

ロマンですよ。ロマンの塊です。
ロマンの暴力といっても過言ではないエピソードや知見に溢れたインタビューは一読の価値あり。

彼らの冒険心に、こちらの心まで躍ってしまうのだから、たまりません。

 

魅力③ 様々なアウトドアメーカーによるアイテムの紹介

 この『アウトサイダーズ 大自然を旅して生きる』では、自然の風景やそこで旅する人々の他に、アウトドアメーカーによるウェアやザックやアーミーナイフなどなど、アイテムについても写真を交えて紹介しています。

ちょっとしたウィンドウ・ショッピングです。

僕なんかもそうですが、アウトドア&スポーツのアイテム用品屋に行くとついつい店内を練り歩いてしまうような人にとっては、こうしたツールが紹介されている点もまた、心躍るポイントではないかと思います。

 

ちなみに、これらの中には日本のアウトドア・ギアブランドの山と道さんが紹介されていたりします!

www.yamatomichi.com

 

さいごに

とまあ、そんな感じで紹介記事でした。

いや、僕の拙い紹介で魅力が伝わったかどうかは果てしなく謎ですが、それでも良い本だってことを伝えたかったんや。

そして今回ご紹介した本『アウトサイダーズ 大自然を旅して生きる』が気になった方は、ぜひぜひ本屋に訪れる機会があった時にでも探してみてください。

ではでは、最後までご覧頂きありがとうございました!